土曜日の惑星

マヤ暦アドバイザーになるために勉強中。メモリーオイルとヘミシンク、引き寄せの法則を実験しています。

マヤ暦アドバイザー認定試験、終わりました!

お久しぶりです、栄璃です。

シンクロニシティ研究会のマヤ暦アドバイザー認定試験を受けて来ました。

人生でこんなに真面目に勉強したことないです。

これで落ちてたらもう仕方ない!

受け入れますヾ(^▽^)ノ

いやでも、受かってるといいなー!

 

 

マヤ暦のことはさて置き。

(全力出しすぎたので、少し距離を置きたい(笑))

今日は「今すぐに幸せで在る」という事について。

どんなに辛い時だって、幸せでいる事は可能……という話ですね。

 

ふと思い出したエピソードがあって「あれ?もしかしたら、私はその、今すぐに幸せで在ることが得意なのかな?」と思いました。

 

人生、上手く行く時もあれば、思い通りにはいかないこともあります。

上手くいかない時を悪い時、と定義づけるから苦しくなるわけですよね。

 

で。

私にも、何度も何度もいわゆる「悪い時」はありました。

でも、まぁ、こういう時はこういう時なりの楽しみ方をしよ〜と……平たくいうと貧乏生活を楽しんでいたわけです。

必要最低限の範囲の中で、何をするか。

バイトするのも楽しい。

お金ないなりのお買い物も楽しい。

駄菓子おいしい。

救援物資届けてくれる先輩優しい。

(オニギリを届けてくれたんですよ!!優しすぎて凄いですよね!オニギリすら買えなかった!)

みたいな。

 

そしたら、そんな私を見て、当時友達だった人が一言。

 

「前は上手くいっててお金もあったのに、今は欲しいもの何も買えなくなって可哀想だね」

 

って。

 

今思い返してみると凄い発言だな(笑)

 

「そうなのかなー? お金なくても楽しく過ごせるよ?」

 

みたいな事を返事した気がします。

本気で本気で、なぜ可哀想だと思われたのか分からなかったんです。

 

そんなになんでも買えるような人に見えてたのかな。

そうでもなかったけどな。

それとも今、暗い表情してたかな。

それは嫌だな。

でも……まぁ、いっかー!

 

そう、どんな状況におかれても楽しく過ごすことを、誰にも教えてもらっていない当時から実践できていたんですね。

ノーテンキな当時の私、ありがとう!

 

自分の幸せ、自分次第。

 

その後、この「楽しむ」ことを忘れるほどのどん底も経験するわけですが(笑)

 

どん底にいた時は「そんなの綺麗事じゃないか!」と思っていたけど、綺麗事じゃないんですね。

事実なんですね(笑)

自分のことを楽しませるだけの事であって、綺麗な事何にもしてない。

表面だけ取り繕うこととは、わけがちがう。

 

あーもー無理。

 

そんな風に思う時、とりあえずその感情を味わい尽くして、味わい尽くしきって飽きたら、幸せゾーンに浮上すれば良い❤️

 

「なんとかなる」

マヤ暦のアドバイザー試験に向けて

こんにちは、栄璃です。

ついに試験期間に突入しました。

 

人間って、本当に不思議な生き物だなーと思う。

やりたくて始めたことなのに、いざ環境が変わるとなると……やらない言い訳を探し始めるの。

まだ早いんじゃないかな、私にできるのかな、続けられるかな、この先どうなるのかなって。

 

f:id:etn_y:20180410151626j:image

 

なんとも言えない不安が襲ってくる。

そして、恒常性を保とうとするんだね。

不思議だ……。

今まさに私もそんな状態です。

でも、いつも、その先にたどり着いた時には

「なんだぁ、こんなものか!」

という安心感がありました。

先に進んで見た人にしか、その先の景色が良いか悪いかは分からないんだよね。

 

そんな自分の状態を、楽しく観察しています。

さ、勉強しよう!

こんな占い師には気をつけろ

こんにちは、栄璃です。

実は私、少しの間、とある占い館で働いていたことがあります。

でも、その占い館はとんでもねーところでした(笑)

 

f:id:etn_y:20180407110208j:plain

 

何がとんでもないかというと。

 

●館長がゲスい。

●女占い師共の客の取り合い。

 

これがひどかったー\(^o^)/

 

もうだいぶ昔の話なので、その館は滅んでいるかもしれないのですが……。

こんな占い館には本当にひっかからないで欲しいという想いを込めて、

当時言われた事を公開しますっ。

 

新人占い師、就任前日。

まず館長に言われた事。

 

「君は若いから、その若さで男の客を取ってね。だからきちんと化粧してきて」

 

この時点で、ここは何か様子がおかしいと気がつきます。

あれ、占いについての大切なことは?

 

「占いなんて出来なくてもいいから。みんな話し相手が欲しいだけだから」

 

確かに話し相手は欲しいかもしれない、けど。……けど!

 

「あと、いちばん大事なテクニックの話をするね」

 

やっと実務的な事教えてもらえるのかな?

 

「うちは30分で3000円っていう料金体制なんだけど、25分位でそのお客が一番気になっていそうな事を言ってね。そしたら絶対に延長するから」

 

えーーーーーーーーーー!!!!!

それが一番大事なことーーーーーー!?

 

こんな所に長く居てはいけない。

早く辞めなきゃ!

勤務前日から、次の職場を探しました(笑)

 

女占い師の客の取り合いについては割愛します。

ただのイジメ記録になるので\(^o^)/

 

こんなクソみたいな占い館もあるんだよという話でした……。

めったにないと思いたい。

商売って、こうしないと成り立たないの?

と、思ったけど、そんなことないですよね。

なので、世の中の善良な占い師さんたちを尊敬し、応援しています。

 

 

「その値段でトキメキますか?」

こんにちは、栄璃です。

マヤ暦アドバイザーになる為に勉強中の私ですが、本業の方も頑張っております。

 

何をしている人なの?

 

って感じだとは思いますが、それは、その〜

直接会う機会があったら是非きいてください!

その時はもったいぶらずに教えますので(*^_^*)

 

本業の方で今、ちょっと大きめなプロジェクトを動かしているんです。

それを「やろう!」と言い出したのは私。

f:id:etn_y:20180405163129j:plain

 

このエントリーの時に言い出したプロジェクトが進んでいるんです。 

no20.hatenablog.com

 

で、その日の会議は、商品にどんな値段をつけるかという内容。

たくさん考えて、上司が算出してくれた値段は、まぁ……

 

妥当!

 

この一言に尽きる値段でした。

 

悪くないんです。

全然悪くない。

上司さんも計画書を真面目に作ってくれました。

でも、なんか安くもないし高くもない。

 

上のエントリーを読んで貰えれば分かるんですが、この企画は

「ワクワク、楽しいことをしよう」

からスタートしているんです。

 

会議室にいる全員が

「まぁ、そうね、このくらいの値段が普通よね」

みたいな空気になったところで

 

「あの……上司さんは、その値段でワクワクしますか?」

 

と、聞いてみました。

 

「値段にワクワク!? 考えた事もなかった」

 

と、即答され。

 

この値段だったら私は普通だと思うことと、安くするならもっと安いほうがワクワクすること。

そもそも値段を決めるとは、その企画にどれだけ本気で取り組んだか、好きなのかを目に見える形にするものだと。

商品自体の価値も大事だけど、そこも大事。

なぜ私が今回の企画について「楽しいを追いかける」にこだわるのか、そんな話をしました。

 

結果、全員が納得する値段に決定しました!

 

もちろん、お仕事ですから真面目にやります。

でも「まぁ、このくらいでしょ」っていうエネルギーをそこに乗せたくなかった。

最終的にはみんな爆笑しながらの会議になりました。

楽しんで仕事をしてもいい、に切り替わった瞬間を見たような気がしたんですよね。

 

「楽しいを追いかけるって、こういうことなんだね」

 

って、会議が終わったあとに言ってもらえました。

さぁ、ローンチした時のお客さんの反応が楽しくなってまいりました〜!

 

マヤ暦を学ぼうと思ったキッカケ。13の月の暦。

こんにちは、栄璃です。

そういえば、私がマヤ暦を学ぼうと思ったキッカケってブログに書いたかな?

書いてないかな。

もしかしたら二度目かもしれないけど、お付き合いください(笑)

 

f:id:etn_y:20180405153632j:plain

 

「マヤ暦」という単語は、もちろん知っていました。

終末思想のある文明……というイメージで(笑)

すごくミステリアスで、すごくスピリチュアルで、すごくオカルティックなんでしょ?

って思っていました。

「信じるか信じないかは、あなた次第です」のキメ台詞で有名なTV番組でもよく取り上げられていました。

そのテレビの影響で、なんだか犯しちゃいけない領域の事なんだろうな〜と漠然と思っていたんです。

 

マヤ文明のことなどすっかり忘れたある日、このブログに出会いました。

ameblo.jp

 

スピ界隈で有名な、あきこさんのブログです。

(じつはブログ開始当初から読んでいます♡)

 

「13の月の暦」

「マヤ暦」

「手帳」

 

えっ、手帳!?

 

マヤ暦って、手帳になってるの!?

 

今まで抱いていたオカルティックなマヤ暦が、ポップなものに切り替わった瞬間でした(笑)

 

「やだ〜、そろそろ終末きてるじゃ〜ん。地球終わりってかんじ〜」

 

みたいな。

 

当時の私のイメージでは、

 

手帳=かわいい女子

 

鏡リュウジ先生の星占いが付いた手帳とか、ムーンリズムカレンダーとか、なんかおしゃれで可愛いな〜と思っていたんですよね。

 

新しい時間 「13の月の暦」から始めよう!

新しい時間 「13の月の暦」から始めよう!

 

 

で、オススメされているこちらの本を買いますよね。

 

読みますよね。

 

全然分からないわけです(笑)

 

13の月の暦を使うと……

 

体調が整ったり……

生理周期がととのったり……

会いたい人に出会えちゃったり……

やりたいことが見つかっちゃったり……

 

なんか、良いことが起こるらしい。

そんな内容のことが、おほしんたろうさんテイストのイラストで書かれているんです。

(実際はミヤタチカさんのイラストでした。)

 

store.line.me

 

本を読んで異次元に飛ばされたのは、初めての経験でした。

 

なぜ、体調が整うの……

なぜ、生理周期がととのうの……

なぜなぜなぜなぜああぁああああーーーーーー!

 

全然わからん(笑)

はてなだらけ。

これは、プロに教えてもらわねば私の頭では理解できない!!

 

ということで、その年の年間目標だった

「行きたいと思ったところには、一人でも行ってみる!フットワークを軽くする」

にしたがい、先生を探すことになるのです。

 

で、出会ったのが

 

notemagic.jp

 

古泉和子先生と

 

kidakeiko.com

 

木田景子先生です。

 

やはり、基本って大事ですね。

基本さえわかれば、応用が出来ます(何言ってるんだ)

あんなに難解だった13の月の暦が、今では分かります。

 

厳密にいうと、マヤ暦は13の月の暦ではないわけですが。

もっと深くマヤ暦を知りたい方は、各アドバイザーさんの講座を受講してみてくださいね。

あ、もし私がアドバイザーになれたら、是非、私と一緒に学びましょう!

きっと、マヤ暦がすごく素敵な暦だってことがわかるとおもいますよ。

間違っても、オカルトなんかじゃなかったので(笑)